2009年09月09日

科学、時間、エントロピー、ソーカル、知の欺瞞:「時はなぜ一方向なのか」「ソーカル事件」

「【物理】時はなぜ一方向なのか−観察者問題から説明(http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1252294821/)」という記事があったので読んでみた。
とても難しく書いてあるけれど、要するに「閉鎖された相互作用のある世界の中にいて時間を戻すということは記録も戻すということになるので、時間を戻したとこが認知されない」ということ。
もっと簡単に言うと「時間を戻すとあったことを忘れるから戻したことに気がつかない」という事で、長々と論文に書くほどの事かなぁと疑問に感じました。
あえて可能性を感じるならエントロピーが不可逆で時間も不可逆だということを結びつけた点でしょうか。

で、この記事の中で「ソーカル事件」という話題が気になって調べてみました。
「ウィキペディア:ソーカル事件(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6)」
「ソーシャル・テクスト事件からわかること、わからないこと(http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fn/norettaJ.html)」
「きみはソーカル事件を知っているか?(http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fn/Hori.html)」
「ソーカル事件と『知的詐欺』以後の論争(http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/Sokal/index-j.html)」

「ソーカル事件」とは要するにソーカルという物理学者が適当な数式を使って擬似哲学論文をでっち上げ評論雑誌に送ったところ、掲載されてしまったという事件のこと。掲載されたと同時に論文の内容が偽物であるとソーカルが発表し現代思想の批評として使った。ちなみに1994年の話なので15年も前の事件だ。

権威とか肩書きとか複雑な数学理論とか難しい言い回しの特殊用語とか、人は未知なものに騙されやすい。宗教だったり、新製品だったり、マニュフェストだったり、似非科学論文だったり、某掲示板のスレッドだったり、このブログだったりするわけだけど、文字や数字や計算式などの記号のかたまりは無駄なものが付きまといやすい。

本来は、ある論理が正しいかどうかを学者が精査する社会的役割を担っているのだと思う。新製品の効果が正しいのかどうか、マニュフェストで主張していることが本当に実現可能なのかどうか、等は純粋な利害関係の無い視点からジャッジがされるべき事柄で、「やってみれば結果がわかる」的な事が危険な場合もある。

ところが、ジャッジする学者が信用がならない、としたら、何を信じていけばいいのか。大風呂敷を敷くのなら、「ソーカル事件」とはそういった学者のシステムに問題を抱えているという批判なのだと思う。

数学も科学も経済学も統計学も宗教だから、仕方が無いことなんですけど。
【関連する記事】
posted by 少年ありす at 15:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベートな日記っぽいものかも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ほくそ笑むソーカル
Excerpt:  最近、ツイッターで少し実験的な遊びを始めた。適当な時に流れてきたTLの中から上から順番に言葉を抜き出し、並べて詩のようなものを作るというものだ。ルールは簡単。 1.TLのツイートの上から順番に言葉..
Weblog: 文理両道
Tracked: 2010-02-27 10:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。